静止画写真画像を動かす移動|パワーディレクター

スポンサーリンク
YouTube Preview Image

静止画写真画像を動かす|パワーディレクター

静止画を動かす方法として、ここでは、

  • 直線的に動かす
  • 曲線的に動かす
  • ズーム、拡大縮小して動かす

の3つの動かす方法をご説明します

静止画写真画像を直線的に動かす

タイムライントラックに配置して、静止画をクリック選択し、[修正]をクリックします
操作、動きを分かりやすくするために画像サイズを小さくしています。
【pipデザイナー】ウィンドウが立ち上がります。
インジケーターを最初のところに移動させます
静止画1
”モーション”の右にあるイーフレームをクリックします
静止画2
クリックすると、インジケータの上に、赤くキーフレームが挿入され、モーションの最後にもキーフレーム黄色が挿入されます
静止画3

動き始めの位置を決めます。

現在赤くなっているキーフレーム(最初のキーフレーム)の位置を移動します。
プレビュー画面の位置をドラックし、スタート位置を決めます

静止画4
操作、動きを分かりやすくするために画像サイズを小さくしています。

次に、動き終わりの位置を決めます

インジケーターを最後に持っていき、
プレビュー画面上で終了位置をドラックし決めます。

静止画5

[保存]をクリックし完成です
静止画8
YouTube Preview Image

静止画写真画像を曲線で動かす

上記で説明した内容の続きとなります
インジケーターを適当な位置に移動させ(前3分の1)プレビュー画面上で画像をドラックし、位置を配置しなおします
そうすることで、自動的に”モーション”のところにキーフレームが作成されます
静止画6
次にインジケータを再度適当な位置に移動させ(後ろ3分の1)、プレビュー画面上で画像をドラック氏、位置を配置しなおします。
そうすることで、先ほどと同様、自動的に”モーション”のところにキーフレームが作成されます
静止画7
[保存]をクリックし完成です
静止画8
YouTube Preview Image

キーフレームを削除したい場合
キーフレームの傍で右クリックし
[キーフレームの削除]または[全てのキーフレームを削除]をクリックすれば削除できます
静止画9

テンプレートを使用して動かす

操作、動きを分かりやすくするために画像サイズを小さくしています。
【pipデザイナー】ウィンドウで[モーション]タグをクリックし[パス]をクリックし展開します
静止画10

展開したパスの中からお好きなパス(動き)を決め クリックします。
クリックすると、キーフレームが自動的に挿入されます。
静止画11
[保存]をクリックし完成です
静止画8
YouTube Preview Image

≪静止画,画像,写真の挿入削除

静止画写真画像をパンズーム拡大縮小≫

スポンサーリンク