自分の声録音ナレーション|パワーディレクター使い方

スポンサーリンク

自分の声録音ナレーション|パワーディレクター使い方

パソコンの前でマイクを用意して、自分の話す言葉を録音します。
ライブラリウィンドウにあるツールの中から[吹き替え録音ルーム]をクリックします
録音
≪吹き替え録音ルームが灰色でクリックできない≫
[録音]をクリックすれば、録音が開始されます。

録音ボタンがクリックできない
録音ボタンがクリックできない場合、タイムラインウィンドウになにかしらの素材を入れてください。
タイムラインウィンドウがからのままの録音はできません。

録音を終了停止するにはもう一度[録音]ボタンをクリックします

録音にフェードを自動でかける

フェードを施す処理を説明します。
[環境設定]をクリックします
録音1
【録音の環境設定】のウィンドウが開きますので、
[開始時にフェードイン]と
[終了時にフェードアウト]
にチェックマークを入れ[OK]
をクリックします
録音2

この処理を施すと、[録音ボタン]を押したときに、
3秒ほどかけてボリュームのゲージが上がります
録音3
そのご、録音が終わり[録音]ボタンを押すことになるのですが、[録音]ボタンを押した後に、すぐに終了にはならず、スンスンスンと、ボリュームのゲージが下がり、フェードアウトして録音終了となります。
録音4

≪一部途中のボリューム音量を下げる

ノイズ除去≫

スポンサーリンク