速度変更スロー再生早回し|PowerDirector 編集ソフト使い方

スポンサーリンク
YouTube Preview Image

速度ド変更スロー再生早回し|PowerDirector 編集ソフト使い方

速度を変える方法として、

  • 数字入力で調整する方法
  • 直感的に調整する方法

の2つをご説明します

数字入力で調整する方法|パワーツール

速度を調整したい動画クリップを選択し、[パワーツール]のタブをクリックします
動画クリップを選択クリックしていないと、パワーツールのタブは出ません

速度調整

”動画速度”にチェックをいれて、”動画速度の調整”の[―]または、[+]をクリックし調整します。
速度調整1
[―]をクリックすると(バーが左側に移動していきます)スローになり、
[+]をクリックすると(バーが右側に移動していきます)早くなります。
バーが左になるとスロー再生、右になると早回しです。

”動画速度の調整”の下にある、”スローモーションビデオ(フレーム挿入技術採用)”というものがあります。
スローにしたい場合は、こちらにチェックをいれ、数値を選択されることを勧めます。
速度調整3

直感的に速度を変更する方法

直感的に速度を変更する方法は簡単です。
速度を変更したいビデオ素材クリップの右端、または左端にマウスを持っていきます。
すると、マウスポインタの形が変わります
※マウスポインタの画像が用意できませんでしたので、画像がありません。
分かりにくいですが、ここのまま文章でご説明していきます
マウスポインタの形はどういったものかというと、『← →』こんな感じの矢印が右と左にあって、真ん中に四角いのがある。そんなマウスポインタの形になります。
その状態のまま キーボードのctrl キーを押すと、今のマウスポインタに赤い線が増えたマウスポインタになりますでしょうか?
なっていただけていたらうれしいのですが、その状態(ctrlキーを押したままの状態)で、左右にドラックすれば、速度調整となります。
ビデオ素材クリップを長くするとスローになり、短くすると早回しになります。

マウスポインタの画像が用意できず、わかりにくいかとおもいます。申し訳ないです・・・

≪動画の分割カット

逆再生のページへ≫

スポンサーリンク