画面サイズ4:3変更|PowerDirector 動画編集ソフト使い方

スポンサーリンク

画面サイズの変更|PowerDirector 動画編集ソフト使い方

画像サイズを16:9⇔4:3に変更する方法です

16:9とは現在のテレビサイズとお考えください
4:3とは昔のブラウン管テレビとお考えください
4:3で作成する目的は様々でしょうが、

  • プロジェクターで投影したい時のスクリーンが4:3のスクリーンに投影しなくていけない場合
  • 結婚式の動画を作成するとき、会場から、『4:3で作成してください』といわれた場合
  • など、用途によって画像サイズを変更しましょう

この画面設定は編集を行う前、新規作成の直後にされることをお勧めします。

編集途中で画像サイズを変えることもできますが、サイズが変わるということで、挿入している画像や動画が意図していないところで切れてしまっい、それを直すのに大変手間がかかってしまう恐れがあるからです

16:9⇔4:3変更の仕方

画面上部のメニューの中の[編集]をクリックし、
出てきたメニューの中から[縦横比]-[4:3]をクリックします
画像サイズ1

16:9に戻したい時は、同様の作業をおこない、[編集]-[縦横比]-[16:9]をクリックします

≪トランジッション削除のページへ

DVDへ書き込みのページへ≫

スポンサーリンク